ハゲタカジャーナル関連情報

ハゲタカジャーナルとは?

オープンアクセスジャーナルの中には、APC(Article Processing Charge、論文出版加工料)収益を目的として、適切な査読が行なわれない粗悪な学術誌が多く存在しており、「ハゲタカジャーナル」や「粗悪ジャーナル」などと言われております。
粗悪ジャーナルへの投稿では、高額なAPCを要求されたり支払いのトラブルが発生するだけでなく、掲載後に研究や業績評価に大きなマイナスとなりますので、投稿先の選択には注意が必要です。

以下のようなサイトを活用すれば粗悪ジャーナルへの投稿や引用を防止出来ますのでご参考
下さい。

健全とされているオープンジャーナルリストのサイト

*DOAJ(Directory of Open Access Journals)
(オープンアクセスの学術情報データを公開するサービス)

*QOAM(Quality Open Access Market )
(ジャーナルの価格と品質に関する情報を提供するサービス)

*Web of Science/JCR
(クラリベイトのデータベースWOSに収録されている雑誌を検索)

ハゲタカジャーナルかどうか確認するチェックするツール

Think Check Submit